食器の価値とは

テレビなどの特集を見ていると、歴史的に価値があって、天文学的数字の値段がついた食器が出ていたりしますよね。確かに製作者や歴史的背景、使われてきた経緯などから食器に価値が付加されて、美術品として昇華していくケースもあります。
ブランド食器ギフト特集 【ぐるなび食市場】

私たちのような一般人には手が届くわけもなく、テレビや美術館のガラスごしにしか見られない価値ある食器。そういった珍しい食器について勉強するのも確かに楽しいものです。

これまでいくつかの焼物の歴史を勉強したり、食器自体について調べたりしてるうちに、もっと深く食器について知りたいと思う気持ちが強くなってきました。すでに食器としてだけではなく、美術品と呼ばれている器についてもその価値についてもっと学びたいと思います。

でも、食器の価値は、その他の価値観と同じように、人それぞれであっても良いはず。テレビや美術館の素晴らしい美術品も、確かに専門家や歴史が価値を認めた逸品であることに間違いありません。でも日常的に使用する自分の手になじむ使いやすい食器には、それぞれ比較することのできない価値が生まれると思います。
輸入ブランド洋食器専門店2本の剣

その価値は、今私がしているように、結婚してる新生活を少しでも素敵なものにしようという思いを持って一つ一つ丁寧に食器を選択しているということ自体だと思うんですよね。私たち自身が気に入って、毎日の生活でいつも使える。ものそれ以上にわかりやすい価値はないのではないでしょうか。

そして、食器はそのほとんどが壊れやすいもの。毎日使うにもかかわらず、その壊れ物を大事に扱い、明日も使いたいと思う気持ちがやはり、自分たちの食器に付加できる価値だと思うんです。今回、貯金について調べたことで気がついた。初期の価値。

これから始まる結婚生活に彩りを添える、自分たちだけの価値を持つ食器を、丁寧に一つ一つ選んでいきたいと思っています。